NEWS

STAMPD POP-UP at Styles DAIKANYAMA

多くの著名人と深い繋がりを持つCHRIS STAMPが新たに手掛けるLA発のブランド「STAMPD」によるPOP-UP STOREを11/10(fri)から12(sun)まで、Styles DAIKANYAMAにて開催します。
今回のPOP-UPでは、日本ではStyles代官山と他、数店舗のみの限定発売となるフォトグラファーの【JULIEN BOUDET】と、STAMPDデザイナー【CHRIS STAMP】による【“Dialogue Through Form” Special Photo Book】をメインに、
STAMPD 2017 F/W COLLECTIONも展開します。


それに伴い、11/10(fri)には、豪華DJ陣を招きレセプションパーティを行います。
どなたでもご参加できますので、ぜひお誘い合わせの上ご来場ください。

 

 
 
 
 
 
STAMPD POP-UP at Styles Daikanyama

DATE : 11/10(FRI) – 12TH(SUN)
 
 
PLACE:Styles Daikanyama
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町11-8 メゾン代官山1F
 
 
OPENING RECEPTION PARTY : 11/10(FRI) 18:00 – 21:00
DJ:SONPUB,YUA,James Oliver(THE NEW ORDER MAGAZINE)
VJ:MASATO NAGATA
 
 
 
 
STAMPD “Dialogue Through Form” Special Photo Book
こちらのフォトブックはSTAMPD DesignerのChris Stampによって企画され、
フォトグラファーのJulien Boudet (Bleu Mode)によって世界の建築を撮影された、限定フォトブックになります。
 
Colette(パリ), Contraband(カナダ), Storm(デンマーク), Kith(ニューヨーク), I.T.(香港)での
世界でも極めて限られたセレクトショップで展開されており、
日本国内でも限られたセレクトショップ3店舗のみでの販売を予定させて頂いております。
https://www.stampd.com/blogs/news/dialogue-through-form-1
 


JULIEN BOUDET 
Julien Boudet(ジュリアン ブーデット)はフランス生まれのファッションとデザインのフォトグラファー。
2006年にフランスの大学でビジネスの学位を取得後、現在も拠点としているニューヨークへと移り住んだ際、
ジュリアンはニューヨークの街並や超高層ビル群に大きな感銘を受け、彼の作品のテーマである都市の景色を撮影するための最初のカメラを購入しました。
それから間もなくして、ジュリアンは彼の実績の焦点とも言えるファッションフォトグラファーとしてのキャリアをスタートさせました。

現在彼は、世界中のファッションウィークで撮影したストリートスナップでよく知られるが、Thom Browne、Missoniのビジュアル撮影、
CR Fashion Book、W Mag, InStyle Germanyなど様々な雑誌の編集者としても注目を浴びます。
ここ数年間、ジュリアンは建築物の撮影に情熱を注ぎ、彼が世界中を旅して出会った様々な建物をレンズに収めてきました。
ニューヨークのパーソンズ美術大学で学んでいた頃に、Le Corbusier(ル コルビュジエ)の建築に触れ、
ブルータリズムやミニマリズムに心酔した彼曰く、「建築とファッションにはたくさんの共通点がある。
全体のシルエットからパーツ一つ一つに渡る形の思索に、素材の選択、とにかく全部何もかもだ。」
このフォトダイアリーには、ここ4年間の彼の旅で出会った、最も魅力的なデザインと建造物を掲載しています。
掲載作品は全てフィルムで撮影、ジュリアンは建築物を撮影する際には決してデジタルカメラを使用しません。
デジタルカメラに比べて、「フィルムにはより多くの質感と真実が映り込む」と信じているからです。


CHRIS STAMP
カリフォルニア出身のクリエイティブディレクターChris Stamp(クリス スタンプ)のデザイナーとしての第一歩は、
ティーンエイジャーの頃に大学の必修講義で履修したデザインコースでした。
カリフォルニア州立工科大学でビジネスマーケティングの学位を取得後、クリスは母校で学んだ「Learn By Doing(実践から学べ)」の精神を胸に、
自身のデザインと経営のノウハウを活かして、2011年にアメリカ西海岸をベースとするライフスタイルブランド”STAMPD”を立ち上げます。
大学1年生でデザインに触れてから10年間以上、彼の好奇心とデザインへの探究心は日々深まり、彼の生み出したプロダクトの数だけ形となって進化してきました。
最近は、ロサンゼルスとニューヨークの両方に拠点を置き、古くからの友人や新しいパートナーたちと積極的に交流を持ちながら、
自身の視野を広げて芸術的なプロジェクトにも乗り出しています。
そうした交流から生まれた過去のコラボレーションには、4シーズンもの長いパートナシップを結んだPumaをはじめ、
IKEAとのカプセルコレクション、現代アーティストDaniel Arshamとのデザインプロジェクト、
アメリカのグラフィティーアーティストFuturaとの限定サーフコレクションなどがあります。
最も最近の取り組みでは、COSの店舗内装を手がけたニューヨークを拠点とするSnarkitectureとチームを組み、
ロサンゼルスのラブレア街にSTAMPD初の直営店をオープンしました。

そして現在、クリスはフォトグラファーのJulien Boudet(ジュリアン ブーデット)と共に、彼の最新プロジェクトである世界中の建築物を撮影した作品をキュレートし、写真集『STAMPD | BLEU MODE』を発行。
何百枚もの作品から厳選し、1ページ1ページ、細部にまでこだわって、クリスとジュリアン2人の才能を余すところなく注ぎ込んだ写真集となっている。